老化を早める間違ったスキンケア方法とは

お肌のために行っているスキンケアですが、その方法が間違っていると美肌効果は得ることができず、逆効果になってしまうことがあります。

つまり間違ったスキンケアは老化を早めてしまうのです。

今回は、女性がやりがちな間違ったスキンケア方法を紹介していきます。

1.1日に何回も洗顔する

顔を洗いすぎるという事は決して肌を清潔に保つことができるメリットだけではなく、老化を早めてしまうデメリットがたくさんあります。

水やお湯を使って顔を洗うと肌表面の汚れや皮脂を洗い流すことができますが、それが洗いすぎるとなると行き過ぎたケアとなってしまうのです。

過剰な洗顔により必要な皮脂まで洗い流してしまうことで、肌が乾燥傾向に傾きます。

また洗顔中に肌をこすることで肌が刺激やダメージを受け、メラニンを出して肌を守ろうとするのでシミの原因にもなってしまうのです。

洗顔をしすぎるということは、シミやシワ、乾燥など肌トラブルの多くを招く原因になってしまうので美肌とは程遠くなってしまいます。

1日のうちで洗顔料を使用して顔を洗うのは、1回で充分です。

朝は寝ている間に付着したホコリなどの汚れと皮脂のみを落とせば十分なので、洗顔料は使用せずに水やぬるま湯を使って洗顔しましょう。

また夜に洗顔料を使って顔を洗うときも時間をかけずに、短い時間で肌に負担をかけないように洗顔しましょう。

2.毎日美容液を塗る

実は毎日美容液を塗る、ということも間違ったスキンケア方法です。

美容液は美容成分が凝縮されているので、毎日使用すればするほど美肌になりそうなイメージですが、お肌を甘やかせすぎることになるのでよくありません。

お肌を甘やかせるということは、自らの力でお肌を美しく保つという事が出来なくなってしまうのです。

美容液を使うのはお肌が疲れていると感じるときだけで充分です。

健康なお肌に美容液を塗ると甘やかせることになるので、化粧水と乳液で済ませておきましょう。

過度なスキンケアは自らの力を奪ってしまうことになるので注意しましょう。

3.外側からのスキンケアだけに固執しない

お肌に塗る、外側からのスキンケアだけに固執してしまうと、美肌は作ることができません。

なぜかというと、お肌は食べたものから作られるからです。

一番大切なことは、食生活全体を見直すということです。

スキンケア用品ばかり高級なものを揃えず、身体にとっていい食材や栄養を意識して選別するようにしましょう。

老化を早めてしまう間違ったスキンケアはストップして、本当に美肌になれる方法を実践してくださいね。